公益財団法人
濱野年宏 芸術交流協会
Mecenat Kagawa / HAMANO Art Foundation

新着情報
WHAT'S NEW

2022.4.15~5.11
聖徳太子1400年御遠忌特別展 濱野年宏-世界が認めた東洋の心と形「聖徳太子絵伝四季図大屏風(中宮寺蔵)を中心に」(フランス、パリ日本文化会館)
 
2019.5.19〜29 
ホワイトキューブ高松つくもギャラリーにて濱野年宏展 世界遺産シリーズ「吉野の千本桜VII & 聖徳太子絵伝」開催

 

 
公益事業のお知らせ

 

展覧会

 
 聖徳太子1400年御遠忌特別展濱野年宏-世界が認めた東洋の心と形「聖徳太子絵伝四季図大屏風(中宮寺蔵)を中心に」日時: 2021年7月2日~9月12日
会場:ブルターニュ大公城ナント歴史博物館
2021年は聖徳太子1400年御遠忌にあたり、中宮寺蔵の「聖徳太子絵伝四季図大屏風」が海外初公開された。太子が建国の礎として説かれました「和をもって貴しとなす(以和為貴)」の精神を行き詰まり感のある世界に、発信する貴重な機会となる。大屏風と出展の新作は、日本人の心象にあったすっきりした、しかも喜びを感じて感動する魅力ある桂離宮や茶室、「天地創造」屏風など日本と西洋の美に対して、二元を排し、はじめから不二一元に徹するところで表現されている。ナント博物館は、ターナ展を開催するなど、由緒ある歴史と伝統の中に現代的な最新の設備を有し、静寂の中に濱野芸術の神髄「日本の美-こころと形」は展示空間と融合して鑑賞者に驚きと感動を与えている。『ボワヤージュ・ア・ナント』事業の主要な展覧会ナントはフランスで最も躍動し注目を浴びているブルターニュの歴史が色濃く残る中心都市。ナントの夏恒例のアートフェスティバル『ボワヤージュ・ア・ナント』の主要な展覧会として、 ブルターニュ大公城ナント歴史博物館で開催。オープニング前から関係者たちから楽しみにされていた同展は、毎日、大勢の鑑賞者が来場して好評を得ている。


 

うたづ Art Award Biennale 
第5回うたづ Art Award Biennale 2020
作品募集今回が5回目となる公募展うたづArt Award Biennale 2020(香川県宇多津町主催)の出品作品募集が始まります。
【募集期間】2020 年2月1日 (土) 〜 29日 (日)
【展覧会期間】2020 年4月25日 (土) 〜 5月10日 (日) 

 
 
  濱野の屏風作品「紅白梅図―その秘儀」が、香川銀行新本店ビルのオープン記念として、正面玄関に設置されました。
日時: 2019年11月18日

会場:香川銀行新本店ビル

 

奈良中宮寺で濱野画伯制作「聖徳太子絵伝四季図大屏風」が令和改元記念として、濱野年宏画伯が2005年に完成させ、中宮寺に奉納した「聖徳太子絵伝四季図大屏風」が、令和改元を記念して同寺鳩和殿にて特別公開されました。

日時: 2019年10月26日(土)〜 11月4日(日)
会場:奈良中宮寺 鳩和殿

 
 
「アルトゥル・マステルナク展/Artur Masternak Exhibition」
日時:2019年10月11日(水)〜 22日(日)

会場:ホワイトキューブ高松 つくもギャラリー
ポーランドのカトヴィッツェ美術大学と濱野年宏芸術研究所との協定が結ばれ、その文化芸術交流の一環として、9月31日〜10月14日まで、アルトゥル・マステルナク博士が滞在制作を行いました。滞在中に制作した新作を含むメゾチント版画を展観しました。西洋で生まれた伝統的な版画表現でありながら、東洋の精神をも感じさせるような作品は反響を呼びました。ご来場賜りありがとうございました。滞在期間中には、京都や高知での日本庭園の視察、うたづ Art Award ビエンナーレの一環として宇多津町主催で開催された子ども版画ワークショップや、香川短期大学デザイン・アートコースの学生へのワークショップ並びに講義を行い、協定関係の今後のさらなる発展ににつながる素晴らしく有意義な滞在制作となりました。

 

濱野年宏展 世界遺産シリーズ 「吉野の千本桜VII & 聖徳太子絵伝」
日時:2019年5月19日(日)〜5月29日(水)

場所:ホワイトキューブ高松 つくもギャラリー
奈良県吉野の千本桜をモチーフにしたシリーズの7回目となった本展では、深い山肌を彩る桜が織りなす幽玄の美を表現した新作を展示しました。ご来場賜りありがとうございました。

 
 
「スロベニアの巨匠・彫刻家ドラゴ・トルシャール展」
Slovenian Great Master Drago Tršar
日時:2019年4月9日(火)〜20日(土)

会場:ホワイトキューブ高松 つくもギャラリー


「カタジナ・ジュバ展/Katarzyna Dziuba  Exhibition」
日時:2018年4月22日(日)〜 30日(月)

会場:ホワイトキューブ高松 つくもギャラリー
うたづArt Award 2016展での「濱野年宏賞」の受賞者作家展として開催しました。4月21日、ポーランドよりカタジナ・ジュバが来日。駐日ポーランド共和国大使館からは、マリア・ジュラフスカ文化参事官も駆けつけて同展を開展くださいました。。伝統的な版画表現とデジタルを融合させ、斬新で新鮮な表現を生み出し、伝統的な文化や概念と西欧諸国からのアバンギャルドな風が混合する様を断片的に切り取り、大作の新作12点を展観しました。ご来場賜りありがとうございました。

 

「うたづ Art Award Biennale 2018」

日時:2018 年4月21日 (土) 〜 5月6日 (日)
第4回うたづ Art Award Biennale にて「濱野年宏賞」授与2018年4月21日、全国公募展第4回うたづArt Award Biennale 2018(香川県宇多津町主催)授賞式にて、公益事業として当財団より濱野年宏賞が、松下文枝氏(香川県在住)に授与されました。下記の日程で受賞・入選作品の展覧会が開催されました。授賞式並びに展覧会へのご来場賜りありがとうございました。

*宇多津町の「うたづ Art Award 2018」専用ページは ▶︎
 受章・表彰(受賞)濱野画伯にカトヴィッツェ美術大学より名誉教授の称号が授与大学教授会理事室講堂での式典には、シガン学長をはじめ同大学教授たち、そして、ワルシャワ、クラクフ、ウッチ、ポズナンなどの国立美術大学から40名を越える教授たちが列席されました。

 

■講演会

文化の集い 特別講演会
2019年6月5日(水)18:00〜19:00
会場:JRホテルクレメント高松
演題:「イメージと音楽〜情景音楽と楽器の旅〜」
講師:城之内 ミサ(音楽家・ユネスコ平和芸術家・東邦音楽大学特任主任教授)      
高桑 英世(音楽家、フルート・篠笛・ティンホイッスル演奏)




2018年6月6日(水)18:00〜19:00
会場:JRホテルクレメント高松
演題:「仏像の来た道〜インド・中国そして日本へ〜」
講師:松本 伸之(奈良国立博物館 館長)


 

子ども美術教室 キッズアーティスト

幼児、小・中学生を対象とした美術教室地域文化、芸術などの振興を目的とした人材育成として、幼児・児童を対象とした美術教室「キッズアーティスト」を開講しています。感受性豊かな子どもたちの美への関心と知識を深め、「つくる」「描く」喜びを伝える多様なカリキュラムを用意しています。水彩画、油絵、版画、粘土など様々な素材に触れ、楽しみながら表現方法を学びませんか?
幼児・小学生
[水曜日コース] 16:30〜17:30 
[土曜日コース] 10:30〜11:30  
授業料 (材料費込):月4回/5,500円 月2回/2,800円  
各曜日の定員は15名です。定員になり次第締め切らせていただきます。    

見学、体験入学は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。
中学生
[日曜日コース] 11:00〜12:00  
授業料 (材料費込):月4回/6,000円    

 
     ▶フライヤーはこちらから